HOME 店舗情報 特定商取引法に関する表示 個人情報の保護について ポイントについて ご購入方法
TOP α解析ソフト プロユースモデル 関連製品 Q&A 資料請求・お問い合わせ 体験 ご注文
●簡易型脳波測定器 アルファータ FM-717
脳波が見える・・・
アルファータFM-717 260,400円(税込)5208ポイント

 ブレインプロライトFM−828は特別な準備や知識を必要とせずに、誰でも簡単に脳波を測定することができる脳波測定器です。6インチ液晶画面上に、脳波の状態をグラフと数値で表示するほか、Windowsパソコンと接続(付属の専用ソフトを使用)することにより、脳波をわかりやすい数値とグラフで表示、集計、保存することができます。各種研究、実験、バイオフィールドバックトレーニング等、幅広い分野でご利用頂けます。
当サイトでは簡易型脳波測定器 ブレインプロ ライト FM-828 及び、ブレインプロ FM-929(プロユースモデル)のご紹介と販売を行っております。

■ブレインプロライト FM-828 はこんなことにご利用できます。

※5種類の脳波(θ、α1、α2、α3、β)を同時に測定可能です。

■ルラックス効果のアピールに

リラクセーション・サービスによりリラックス効果を、グラフと数値で表示できます。

■バイオフィードバック・トレーニングに

ビジネス、スポーツ、学習などのシーンで集中力の向上やストレスケアを目的としたトレーニングが可能です。

■起業などのリラクセーション・スペースに

起業の福利厚生、また公共施設、大学、専門学校などの共有スペースに最適です。こころのケアや能率アップのツールとしてご利用頂けます。

■各種研究・実験に

大学、企業などの研究目的でお脳波測定に適しています。容易に脳波データを収集することができます。



※学校法人や研究機関の方に:必要に応じてお見積書もお送りできますのでお申し付け下さい。

 

■ご購入特典・当店にてFM-828をご購入の方にもれなくマインドサプリメントCD5点をプレゼント!

自然音や音楽など高周波音域に毎分約20万回のサブリミナルメッセージを融合した心と体のサプリメントCDです。
※詳しくはこちらをクリック

脳波測定器 ブレインプロライト FM-828 の主な特徴

脳波測定器 FM-828

 

特長1 簡単操作でらくらく測定!

頭髪のない前額部(おでこの部分)に高感度センサーバンドを装着することにより、特別な処理を必要とせずに誰でも簡単に脳波を測定することができます。

センサーバンド
センサーバンド
センサーバンド使用例
センサーバンド使用例

※一般的に前額部は、瞬きや眼球の運動などによるノイズ(アーチファクト)が混入しやすいため、脳波の検出には不向きであるとされてきました。しかし、脳波測定器FM-828はノイズが発生した際には、測定を一時ストップすることにより測定結果にノイズを反映させない機能(アーチファクト機能)を搭載しました。これにより前額部からの脳波測定を実用的なものになりました。
(一般的に脳波を検出する場合には、頭頂部等にセンサーを装着する必要があります。その際、頭髪が障害になるので、通電をよくするためにペーストを付けたり、頭髪を剃ったりする処置が行われます。このような処置が研究現場における、脳波データの収集を困難なものにしています。)

特長2 小型・軽量タイプの測定器

ボディ素材は樹脂を使用し、持ち運びに便利な小型、軽量化を実現しています。

特長3 わかりやすい測定結果

検出された脳波を、周波数ごとに分けることによって、それぞれの周波数の電圧を、わかりやすい数値とグラフとコメントで表示します。これにより、特別な知識を必要とせずに測定結果から、脳波の状態を確認することができます。測定状態は本体に搭載した3インチ液晶画面上に、グラフと数値で表示します。

脳波測定器 測定結果
液晶画面(棒グラフ) 液晶画面(折れ線グラフ) 液晶画面(優勢脳波グラフ)

※より詳細なデータ解析が必要な場合には、付属のα波解析プログラム「PUL-LT パルラックスライト」の使用をお勧めします。

■α波解析プログラム(付属のソフト PUL-LT パルラックスライト)を使用して測定した画面です

脳波測定器 結果画面
結果画面
脳波測定器 結果画面
結果画面
脳波測定器 セルフチェック画面
セルフチェック画面
脳波測定器 セルフチェック画面
セルフチェック画面

特長4 バイオフィードバック・トレーニング機能付き!

メンタルトレーニングに最適なバイオフィードバック機能を搭載しています。

任意の脳波(※)が設定値以上検知されると、信号音(鈴虫の鳴き声)が出力され、測定者に脳波の増減を伝えます。※θ波、α1波、α2波、α3波、β波から選択できます。

バイオフィードバック・トレーニングとは測定器で脳波をモニターしながら、自分自身の心理・生理状態をリラックスへと導くトレーニング方法です。
これにより、普段の生活の中でいつでも必要なときに理想的な脳波状態へとシフトチェンジができるように訓練をすることができます。

■バイオフィードバック・トレーニングについて:

私達の身体は環境の変化に適応するために、さまざまな生理的な変化をします。例えば「寒くなれば、体温を上げたり」「危機に直面すれば、血圧を下げたり」です。
ところが、現代の複雑化した社会ではこのような生理的な変化が、過剰に起きたり、不適切に発生してしまう場合があります。「人前で上がってしまう。」「大事な場面になると緊張して実力が出せない。」
などがその例です。そこで、このような生理状態の変化を自分の意思で制御するための手法がバイオフィードバック・トレーニングです。

バイオフィードバック・トレーニングでは、日頃認識することが困難な生理状態の変化を、測定機器を使用してモニターすることにより自己制御します。このトレーニングを継続するうちに、苦手とする環境においても、よりコンディションの良い生理・心理状態を、自分の意思で形成することができるようになります。(もちろん測定機器が無くてもです)

バイオフィードバック・トレーニングはメンタルトレーニング、セルフマネージメントのためのツールとしてスポーツ、能力開発、医療、健康増進などの分野で利用され、高齢化、ストレス化の進む現在、ますます注目されています。

例1)あがり症編
いわゆるあがり症の人は、人前に出ると緊張してしまいます。この時の脳波を測定するとベータβ波(緊張状態)になっています。そこで、バイオフィードバック・トレーニングで自分の脳波をアルファα波(リラックス状態)にセルフコントロールする練習をしていると、人前に出て緊張してしまう状況下にあってもα波(リラックス状態)を保つことができ、本来の自分を表現することができるのです。

例2)スポーツ選手編
技術的にはレベルが高いのに、試合になると良い結果が出せない。そんなスポーツ選手は多いと思います。これは、試合本番になると緊張のためα2波(集中状態)※が出にくくなってしまうためであると考えられます。そこで普段、バイオフィードバック・トレーニングで自分の脳波をα2波(集中状態)にセルフコントロールする練習をしていると、大きな大会でもベストな精神状態で挑むことができ、最高のパフォーマンスをすることができます。

※私達が自分の持っている能力を最も発揮できる状態の脳波。得意なこと好きなことをやっている時にはα2波が多く出現すると言われています。

例3)学習編
得意な課目はいくらでも理解し記憶できるのに、苦手な科目になるとぜんぜんダメ。そんな人の勉強中の脳波を測定すると得意課目ではα2波(集中状態)、苦手課目ではベータβ波(緊張状態)やシータθ波(眠気・まどろみ状態)が多く検出されます。そこで、バイオフィードバック・トレーニングでα2波(集中状態)にセルフコントロールした状態で勉強をすると、苦手な課目でも集中して勉強することができ、学習効果が倍増します。

※トレーニングの効果には個人差があります。


■おすすめツールです。

FM-828は、脳波の測定内容がビジュアル的にわかりやすく説明がしやすいため、一般の方を対象とした現場で喜ばれています。一方、より高度な周波数分析が可能なFM-929は研究者を中心に、詳細な脳波データが手軽に得られる貴重なツールであると位置づけられます。両者とも脳波測定直後に現場で待ち時間無くデータを確認することができるので、大変有用性の高い仕様になっていると思われます。また、大量のデータを収集することができるので、研究データの信頼度を高めるうえでも有用です。このように、ブレインプロ シリーズは私の研究で用いてみた経験上、欠かせないツールになってきています。

特定公益推進法人
(財)島根難病研究所研究部長 亀井 勉 様

脳波測定器 ブレインプロライト FM-828 の活用方法

脳波測定器 FM-828


 

活用方法1 リラックス効果をアピール(サービス・商品)

リラクゼーションサービスや商品の効果をグラフと数値でアピール

現代のストレス社会においてリラクゼーション効果をもたらす、優れたサービス、商品は数多くあります。しかし、リラックス効果自体が主観的なものであるため、なかなかその効用を伝えにくいという実情があります。そこで、脳波測定器FM-828を使用することにより、リラクゼーションサービス、や商品のリラックス効果を、目に見える客観的なデータとして表示することが可能になります。

※例)マッサージ

脳波測定器 FM-717 測定結果画面 マッサージ 脳波測定器 FM-717 測定結果画面

※例)ヒーリングミュージックCD

脳波測定器 FM-717 測定結果画面 ヒーリング 脳波測定器 FM-717 測定結果画面

活用方法2 リラックス〜ストレス状態の確認(研究)

各種研究、実験における大量の脳波データの収集に適しています

大学などの研究機関や、企業の開発部門などの研究において脳波の測定データが必要とされる場合があります。従来は医療用の脳波測定器が使用されていましたが、実際の研究現場では‘被験者の確保が困難’‘機器の操作が煩雑’‘データ解析が複雑’などの問題が発生しがちでした。そこで、操作が容易で被験者へのストレスの少ない、α波測定器FM-828を使用するケースが増えてきています。

α波測定器FM-828は操作が簡便で測定時の被験者へのストレスが少ないため、容易に大量のータを収集することが可能です。それにより、測定誤差を緩和し、その平均値から傾向を割り出していくという方法が、健常者の心理・生理的な傾向を捉えるための、実践的な研究方法として高く評価されているのです。

■例)大学などの研究で特定の刺激や環境の変化(香り、音楽、色彩、温度、疲労など・・)が人間の心理、生理状態にどのような変化を及ぼすかを調査

香りの測定例

脳波測定器 FM-717 測定結果画面 脳波測定器 FM-717 測定結果画面

■例)企業の開発部門において、どのようなデザインが人間工学的に優れているか、又は好まれるかを選択する場合の参考データ

デザインの測定例

A案
脳波測定器 FM-717 測定結果画面
B案
脳波測定器 FM-717 測定結果画面

※測定データを表示するためにはWindows パソコン(32ビット版)が必要です。
※上記の測定結果は例示のためのもので、実際に実験を行った結果ではありません。
※α波測定器FM-828/FM-717は脳波を指標とした様々な研究やメンタルトレーニングなどにおいて健常者の脳波を測定することをコンセプトに開発されています。従って特定の病気の検査などにはご使用になれませんのでご注意ください。

活用方法3 バイオフィードバックトレーニング

測定器で脳波をモニターしながら、自分自身の心理・生理状態をリラックスへと導くトレーニング方法です。これにより、普段の生活の中でいつでも必要なときに理想的な脳波状態へとシフトチェンジができるよう訓練が可能です。

集中力UP

ゴルフなどのスポーツで・・・
ここ一発!集中したい。

ストレス解消

ストレスに負けない│
心理状態

柔軟な思考力

ビジネスシーンで、思考を柔軟にして的確な判断

記憶力UP

試験勉強に

※トレーニングの効果には個人差があります。※FM-828は医療用具ではありません。

脳波測定器 ブレインプロライト FM-828 で測定する脳波の種類

脳波測定器 FM-828


 

脳は、常に様々な周波数からなる電気信号を発生しています。
周波数帯ごとに以下のような名前が付けられていて、それぞれ異なった特徴があります。

シータ(θ)波 アルファ(α)波 ベータ(β)波
眠気・まどろみ リラックス 弛緩集中 緊張集中 緊張状態

※トレーニングの効果には個人差があります。※FM717は医療用具ではありません。

脳波測定器 ブレインプロライト FM-828 製品仕様

脳波測定器 FM-828


 

本体
電源 ACアダプタDC6.0V
予備内臓バッテリー 種類 NICD
充電時間 約8〜10時間(電源OFF時)
連続使用時間 約20分
消費電力 3W
液晶画面 寸法 3インチ
重量 600g
外形寸法 幅220×奥行164×高さ54o
検出
周波数 ベータ波 14.0〜30.0Hz
アルファ波3 11.5〜13.5Hz
アルファ波2 9.0〜11.0Hz
アルファ波1 6.5〜8.5Hz
シータ波 4.0-6.0Hz
スレッショルド(μV) 1〜50μV(1μV単位)
入力インピーダンス 1MΩ以上
ハム除去率 50dB以上
測定レベル範囲 12,25,50μV
コンピュータデータ出力表示
データ出力 USBケーブル
センサーバンド
電極材料 前面電極 ニッケルメッキ
耳クリップ ステンレス
3電極平衝型ヘッドバンド方式 測定電極A(左耳電極)
測定電極B(右前面電極)
アース電極(左前面電極)
重量 80g
外形寸法 幅115×奥行き170×高さ25mm
コード長さ 1900mm

脳波測定器 FM-828 製品仕様       

 

PUL-LT パルラックス ライト (FM-828 専用ソフト・付属)

解析脳波:ベータ波:14.0-30.0Hz、アルファ3波:11.5-13.5Hz、アルファ2波:9.0-11.0Hz、アルファ1波:6.5-8.5Hz、シータ波:4.0-6.0Hzデータ処理:測定、再生、比較測定、比較再生、集計測定時間:1〜60分グラフ種類:立体棒グラフ、棒グラフ(正面)、立体折れ線グラフ、折れ線グラフ(真横)集計グラフ種類:円グラフ、棒グラフスレッショルド設定:レベル5-49.5μVまで5μV毎に設定可能フィードバック音:川の流れ、せせらぎ、さえずり、蝉の声、とんびの声印刷:結果、セルフチェック対応OS:WindowsXP/Vista/7/8 (32/64ビット版)

 

※本製品は健常者の脳波信号の検出による心理・生理状態の変化を測定することをコンセプトに開発されております。
※本製品は医療器具ではありませんので、特定の病気の診断に使用することはできません。

■脳波測定器 ブレインプロライト FM-828 ご注文

簡易型脳波測定器 FM-828 +ご購入特典(マインドサプリメントCD5点セット)
※α波解析プログラム「PUL-LTパルラックスライト」(WindowsXP/Vista/7/8 32/64ビット版 P/C 専用ソフト)が付属しています。

販売価格359,000円(税込)
※この製品は、送料無料(弊社負担)です。

脳波測定器 アルファータ FM-717(アルファ測定器) 脳波測定器 アルファータ FM-717(アルファ測定器) 脳波測定器 アルファータ FM-717(アルファ測定器)
側面 製品画像 製品画像・正面

     ※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。

■簡易型脳波測定器専用バッテリー/バッテリープロ(BatteryPro)

バッテリープロセット(BatteryPro)は、簡易型脳波測定器ブレインプロ(FM-929)及びブレインプロライト(FM-828)専用のバッテリーです。

【製品内容】充電器、バッテリー(充電池)、放電器、ケーブルA(充電器用)、ケーブルB(放電器用)、ケーブルC、取扱説明書、保証書。

販売価格54,000円(税込)
※この製品は、送料無料(弊社負担)です。


■簡易型脳波測定器専用センサー センサープロ(SensorPro)

製品名 センサープロ
型番 Sen-Pro
電極材料 電極/銀、耳クリップ/ステンレス
3電極平衡方式 測定電極A(左耳電極)、測定電極B(右耳電極)、アース電極(左前面電極)
コードの長さ 2400mm

(製品画像:クリックして拡大)

販売価格26,000円(税込)
※この製品は、送料無料(弊社負担)です。
※通電性ジェル(40g・別売)もございます。

●センサープロ(SensorPro)で研究の幅が広がります。

開眼測定が可能 ノイズに強い 全機種対応 BFトレーニングに
眼筋から離れた箇所にセンサーを装着するので、映像などの視覚情報による脳波の変化を確認できます。
ペーストを使用するので、皮膚電気抵抗を軽減できます。従来のセンサ以上に外部からのノイズの影響をさらに受けにくくなっています。
フューテックエレクトロニクス社製、簡易型脳波測定器、ブレインプロ(FM-929)、アルファータ(FM-515、FM-515A、FM-717)全機種に対応します。
リアルタイムに自分自身の測定画面を見ながら、バイオフィードバックトレーニングができます。

■簡易型脳波測定器専用センサー センサープロ(SensorPro)用通電性ジェル(40g)

販売価格2,000円(税込)

 

アルファータ・

HOME店舗情報特定商取引法に関する表示個人情報の保護についてご購入方法

 

営業時間は午前9:00〜午後6:00まで。土曜・日曜・祝祭日及び年末年始は原則として完全休業。
( ※ホームページからのご注文は年中お受けしております。)
お問い合わせ等はコチラ

相互リンク集 1 2 3 4 5

高濃度酸素 濃縮器 VIGO 夢暖望・暖話室 プラナロム 脳波測定器 FM-717 ビームマグネット
真空管アンプ ベルマン化粧品販売 キオークマン ユーフォリアQ2枇杷葉温圧器
酸素濃縮器 オキシクール32 三井式温熱治療器 遠赤外線サウナ サンエッセンス YCS YouCanSpeak




アルファータ・ONLINE・森林倶楽部
株式会社 森林倶楽部
 〒386-0012 長野県上田市中央4-7-12・505
電話: 0268-75-0845 FAX: 0268-75-0846

※本サイトに掲載されている一切の情報の無断転載を禁じます。
SHINRIN-CLUB Co.,Ltd. Copyright 2003. All rights reserved.